月別アーカイブ: 2016年8月

先のことを考えないですると住宅ローン破綻になる

住宅ローンの金利が変われば利息も変わります。そのため、当初の概算よりも金利が多くなり、家計を圧迫することがあります。人によっては住宅ローンが重すぎて自己破産になる人もいます。だから余裕を持った返済計画が必要です。住宅ローンを利用する時には、ぎりぎりの貯蓄で家計を取り回すのではなく、もしも金利が上昇した時でも対応できるようにしておくことがあるのではないでしょうか。

現在の金利や景気だけで貸し付け条件を決めるのではなく、先のことも考えることが住宅ローンでは大事です。何年か後の金利のことも考えた上で、固定金利か、変動金利かを決めていきましょう。

大口の融資になるために、金利の影響が大きいのが住宅ローンの特長ですので、きちんと考えてお金を借りましょう。それでも住宅ローンが返せなくなってしまいそうな場合は、お金をどこかで借りる前に銀行に相談しましょう。そうしないと前に書いたように住宅ローン破産のようになります。